ドイツでデザインを勉強することになった

夏コミを欠席し、ドイツに居残った成果が出たのか、はたまた「お前は日本に帰ってくんな」という思し召しなのか

ドイツの学部課程でデザインを勉強することになりました。

めでたい!!! 多分!!!

専攻はコミュニケーションデザインです。ドイツの美術系受験は、ポートフォリオと面接で合否が決まるので、私の作品が認められたというのは非常に嬉しいです。仮に学校が合わなかったとしても、転学を検討しようと思います。いずれにしても、学んだことを吸収してアウトプットに生かしていきたいです。

ちなみに、入学先は美大ではないです。入学する学部はデザイン学部なんですが、工科大学です。そこは追い追い説明したいと思います。意外と複雑だったドイツの高等教育。 でもそこに助けられたところはある。

あと、ドイツ語もクリアできたのがよかった。講義が始まったら「もっとドイツ語勉強しときゃよかった……」と大いに後悔することになるのでしょうけど、とりあえずいいのだ。

個人的には、言語遂行能力より、人見知りとコミュ障で友人ゼロ、という状態になる方が不安です。

加えて、ドイツの大学は入ってからが大変と言われるので、途中で脱落するかもしれません。というより、金が足りなくて断念、というのも大いにありうる。まぁできるところまで最大限努力したいです。バイトとか……。

引越し先も無事見つかりました。新居を探すのは非常に苦労しまして、結局2ヶ月かかった。大家と同居人は悪い人ではないと思う。
新居は大学まで1時間かかるので、通学が辛くなったら大学に近い住居を探そうと思います。

そんなこんなな状態です。キリスト教圏らしく12月下旬から10日間ほどクリスマス休暇がありますが、翌年の1/2から授業が再開するという、行く年来る年を祝いたい日本人に一切優しくない仕様なので、年末は帰りません。
おそらく2月に一時帰国するでしょう。でもコミティアまでには帰国できないと思います。ベルリンナーレを観たいとなると、2月下旬の後半になりそうです。夏コミに発行予定だった本はいつ発行されるのか。どうなんだ。

とりあえずの目標としては、大学生活を中心に、ネットではドイツの生活を漫画にしつつ、創作漫画も頑張って発表し、自分の能力で生活が賄えるようになりたいです。随分欲張りですけど、少しずつ実現していきたい。

現在のほしいものリスト:

  • 画力
  • 語学力
  • Nintendo Switch